審美歯科

審美歯科

歯科クリニック中村の審美歯科治療

審美歯科治療

当院においての審美治療は歯の美しさに焦点を当てた総合的な治療です。
単に虫歯治療、歯周病治療だけではなく患者さん一人ひとりに主眼を置いた、その方本来の健康的で美しい笑顔を手に入れることを目的としております。

オールセラミック修復

虫歯を治療する際に歯を削ると、削った部分に詰め物をする必要があります。
通常はパラジウム合金という金属の素材を使用しますが、この素材は保険が適用され低価格で治療ができる分、歯の色とはまったく異なるため、目立ってしまいます。

そこで注目されている素材がセラミックです。セラミックとは陶器の一種で、白い素材です。
白さを調節することができるため、ご自身の歯に合わせた色の詰め物を作ることができます。
そのため、修復したということがほとんどわかりません。

また、セラミックは口の中の環境にも耐えられる強い素材です。
お口の中というのは、絶えず酸性やアルカリ性、暑かったり、冷たかったりと変化が激しい過酷な環境です。

こういった環境の場合、金属は変化を起こしてしまう可能性があります。
しかし、セラミックはこのような環境に耐えられる強い素材であるため、長い間使用し続けることができます。

オールセラミック修復

セラミッククラウン法

セラミッククラウン法は歯の全面を削り、そこにセラミックで製作した人工の歯を合着し、比較的短期間(1~3ヶ月)で歯並びや歯の色、形などの審美的要素をトータルに修復・改善する方法です。
セラミックという美しく素晴らしい材質の特性を十分に生かし、本来の天然歯同等かそれ以上の色調や形態で再現しますので、極めて審美的効果が高いといえます。

また、一般的な「差し歯」と比較し、歯茎にも優しく、透明感があり、しかもスマイルラインや唇との色彩バランスも重視していますので、より個性美を表現することができます。
セラミックの差し歯は、審美性だけでなく耐久性もあります。保険内の差し歯は数年で歯茎へのダメージや変色等がありますが、セラミッククラウンはきちんとケアをすれば20年以上持つといわれています。

ラミネートべニア法

ラミネートベニア法とは、歯の表面を0.5mm程削り、そこにネイルチップのような薄い人工歯を貼り付ける治療方法です。
歯の形が悪い、歯の色が悪い、すきっ歯を治したいなどのご要望にお応えできます。
歯を削る量が少ないので治療回数も少なくて済み、麻酔も痛みが少ないです。

メタルボンド

メタルボンドとは金属で作ったフレームにセラミックを焼き付けた被せ物です。
外側がセラミックであるため審美性に優れています。

ページトップ