無痛治療

無痛治療

皆さんは歯の治療に対して痛いもの、不快なもの、嫌なものだという先入観があるのではないでしょうか。これらの問題を解消するために、当医院では最新の方法を採用して診療をしております。

麻酔

当院では、しっかりと麻酔をかけて治療を行います。また、治療前の麻酔そのものの痛みにも配慮した治療をいたします。

表面麻酔

歯科治療では、痛みを抑えるために麻酔をかけますが、この麻酔そのものが痛くて怖いという方もいるのではないでしょうか。
当院で麻酔を打つ際はまず表面麻酔を行い、麻酔針が最初に刺さる痛みそのものを解消します。表面麻酔は患部に麻酔薬を塗って皮膚や粘膜表面の知覚を麻痺させるのですが、塗るだけで徐々に麻痺してきます。

電動麻酔

電動麻酔

注射の痛みは注入スピードによって余計な圧力がかかるところが大きいため、コンピューター制御により注入スピードを理想的な状態にコントロールした「痛くない」歯科麻酔用電動注射器が開発されました。

手動で注射を行なう場合より細い針を使用しているため、刺したときの痛みも抑えることができます。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入法

笑気吸入鎮静法とは、酸素にほんのり甘い香りのする無色の笑気という気体を混ぜ、この気体を患者さまに鼻から吸っていただきます。
この方法により患者さんは精神的にとてもリラックスし、不安・不快・恐怖感が極めて少なくなり(至適鎮静度)、むしろとてもよい気持になります。

痛みに対する反応はにぶくなるか感じなくなるため、安心して治療が受けられます。吸入を止めればすぐもとの状態に戻ります。
また、心疾患や高血圧の方も適応可能です。

笑気麻酔が向いている人

  • 治療に対して恐怖心や不安をお持ちの方
  • 緊張しやすい方
  • 血圧の高い方
  • 心臓に病気をお持ちの方
  • 小児やご高齢の方
  • 口の中を触られると吐き気を催しやすい方
  • インプラント治療を受けられる方

笑気麻酔が向いていない人

  • 妊娠中の女性
  • ぜんそくや気胸などの呼吸器疾患がある人

静脈内鎮静法とは

静脈内鎮静法

点滴をまず採取し、点滴から気持ちがリラックスできる薬剤を投与し、緊張感や不安感を取り除きます。笑気吸入鎮静法よりも緊張を取り除く効果は強いです。

内視鏡の検査などで用いられる方法と一緒です。

当院では、安心安全な医療の提供を心がけておりますので、意識を完全に取り除くような薬剤の濃度は使用せず、リラックスできるような濃度で維持をしていきます。

診療の流れ

まず、問診票に記入をしていただきます。

歯科医師から問診を再度行い全身的な状態などを確認します。

処置前日~当日

胃の中を空にするために食事と飲水の制限をさせていただきます。当日は、車、自転車の運転はできないので、公共交通機関でお越しください。

診療の流れ2

お越しいただいてから

診療の流れ2

点滴をまず採取します。点滴からリラックスできる薬剤をゆっくりいれていきます。

基本的には、リラックスできる濃度と就眠する濃度の間を目指して投与していきます。

当院では、笑気吸入鎮静法にて正しい至適鎮静度が得られているにも係わらず歯科治療ができない方に静脈内鎮静法を行っています。
歯科治療担当医と歯科麻酔担当医の2名にて静脈内鎮静下にて歯科治療を行います。

静脈内鎮静法が行えない人

  • 緑内障の方
  • 妊産婦の方
  • 重力筋無力症の方
  • HIVに対するお薬を服用中の方

注意事項

指示された食事と飲水の指示を守れなかった場合中止とさせていただきますので、ご注意ください。

当日は、車や自転車の運転はできません。車でいつでもご来院されている方も帰りの運転される方がいない場合、徒歩または公共交通機関(電車、バス、タクシー)を使用しご来院ください。自転車の方は、押して帰っていただきます。

当日の運動はお控えください。

レーザー

当院ではEr:YAGレーザーを使用したレーザー治療を行っており、歯周病や虫歯、口内炎を痛み少なく治療いたします。

Er:YAGレーザーのメリット

Er:YAGレーザー

痛みがほとんどない

レーザー光を水で冷却しながら使用し、熱の発生を抑えることで痛みが少なく治療が可能です。

殺菌効果により、治癒が早い

レーザーの熱により虫歯菌や歯周病金を殺菌することができます。また他のレーザー治療よりも熱作用が少ないため歯肉を切開した後の傷が早く治ります。

安全性が高い

妊娠中の方や高血圧、ペースメーカーをつけている方でも安心して使用することができます。

ページトップ