小児歯科

小児歯科

歯科クリニック中村の小児治療の考え方

説明:不安を取り除きます

小児治療

歯科クリニック中村では小児治療を行うにあたり、まず『歯医者さんは怖いところではないんだよ』とお伝えしています。
お子様との密なコミュニケーションを重視し、お子様の不安を解くためにも保護者の方にもこれから行う治療について丁寧に説明を行っております。

検診:乳歯のケアも大切です

「どうせ生え変わるから」と乳歯のお手入れを怠けてしまいがちですが、乳歯の虫歯は放置しておくとお口の中全体や永久歯にも影響を及ぼします。
お子様のうちから定期的な歯科医院での検診(2~3ヶ月に一度くらい)をおすすめいたします。
子供の頃から歯科医院に定期的に通う習慣を身に付けることで、永久歯の生え変わり時期に良い状態が維持できるようになります。

安心:1つずつステップアップしましょう

まずは診療台に座る練習、そして次はお口を開ける練習、と少しずつステップアップしていくような診療スタイル取っております。
無理な治療は行わず、歯医者さんに慣れてもらうことからスタートしていきます。

歯科クリニック中村のスタッフは子育て経験者がほとんどです。
保護者の方の心配やお子様の不安を知っておりますので、その不安を一緒に取り除いていけるよう努めてまいります。
スタッフ一同、笑顔で皆様を迎え、お子様が自ら診療台に上がり、笑顔で帰れるような小児歯科を心がけ、目指しております。

フッ素塗布について

フッ素塗布

フッ素には歯の構造を安定させ、歯質を強くし虫歯になりにくくする効果があります。
歯科医院で使用するフッ素は高濃度で効果が3~4ヶ月とされており、乳歯や萌出途中の永久歯に塗るのが最も効果的です。
お口に残ったフッ素を舐めたり飲み込んだりしても体に問題はないので、うがいのできないお子様にも塗布できます。
もちろんフッ素を塗布すれば虫歯にならないというわけではなく、歯磨きの習慣や正しい食生活は大切です。

シーラントとは

シーラント

歯には複雑で細かい溝があります。
前の方の歯は歯磨きで汚れを取り除くことができますが、奥歯は歯ブラシが届きづらく、磨き残した部分が出てきてしまいます。
この磨き残しを放っておくとそこから虫歯になることが多いです。
そこで、奥歯の溝にの中に白い歯科用のプラスチックを入れることで虫歯になるのを予防するのがシーラントです。
虫歯菌が入り込みにくくなるため、虫歯になる可能性が下がります。
ご興味のある方は医院でお尋ねください。

笑気吸入鎮静法

笑気吸入法

当院では、治療を嫌がるお子様のために笑気吸入鎮静法による治療も可能です。
笑気吸入鎮静法とは、酸素にほんのり甘い香りのする無色の笑気という気体を混ぜ鼻から吸うことで精神的にとてもリラックスし、不安、不快、恐怖感が極めて少なくする治療方法です。
痛みに対する反応は鈍くなるか感じなくなるため、安心して治療が受けることができます。

ページトップ