マタニティ歯科

マタニティ歯科

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科とは

マタニティ歯科とは、妊婦さんを対象とした歯科のことです。
妊娠前、妊娠中のお口のケアは、お母様はもちろん、産まれてくる大切なお子様にとっても非常に重要です。

妊娠時のお口の状態はいつもとは違います。
例えば、女性ホルモン(エストロゲン)が増加することによりお口の中の歯周病菌が増えてしまい、歯周病にかかりやすくなることがあります。
また、つわりによる嘔吐の影響でお口の中が酸性に傾き、歯が溶けやすい状態になってしまいます。 このように、妊娠するとお口の環境が変わってきますので、普段とは違ったケアが必要です。

妊娠時に気を付けること

  • 妊娠すると女性ホルモンが増加することにより、歯周病になりやすくなる
  • 歯周病は陣痛を起こすプロスタグランジン産生を促進させるため、早産の可能性を増加させる
  • 乳歯の形成は胎生期7週目から始まるので、乳幼児の健康な口腔を確保するためには出産前からのお母様の口腔管理を含む生活習慣の指導が必要になる
妊娠時に気を付けること

当院では上記の点を踏まえて、妊娠前、妊娠初期から後期にかけて一人ひとりの状態に配慮した対応を行っております。

歯周病や虫歯は、お腹の中の赤ちゃんにも影響があります。

お母様に歯周病や虫歯がある場合は、お腹の中の赤ちゃんにも影響を与えることもあります。そのため入念な検査、早期対応が必要です。
また、産まれてくる赤ちゃんのためにも歯科的な正しい知識と治療、ケアは大変重要です。
健康な赤ちゃんのために、健康なお口でありましょう。

妊娠中の治療には、治療方法やお薬の服用に制限がありますが、それを踏まえた上で対処させていただきます。

妊娠中のよくある質問

レントゲンはお腹の赤ちゃんに影響する?

歯科で行うレントゲン撮影は、赤ちゃんに影響はありません。直接X線を当てず、また防護エプロンも使用するためです。ご安心ください。

麻酔は打っても大丈夫でしょうか?

歯科で使用する麻酔は局所麻酔のため薬の量が少なく心配ありません

赤ちゃんのために健康な歯を

赤ちゃんのために健康な歯を

これから産まれてくる赤ちゃんのために、丈夫で健康な歯に育ててあげることは、何ものにも代えがたいお母様からの一生の贈り物になります。
そのためにも現在妊娠中の方、そしてこれから妊娠を考えている方も虫歯や歯周病予防の重要性を理解していただければ幸いです。

歯科クリニック中村では、妊娠中の方の歯の健康、これから産まれてくるお子様の歯の健康を守るためのお手伝いをさせていただきます。
妊娠された際はぜひお気軽にご来院ください。

妊婦健診
ページトップ